経験57:中国のローカルな料理店の雰囲気や味は①

[経験] ブログ村キーワード
 上海で夜ご飯時に、どこで食べるか~?ということになりましたが、フラッとその辺のお店に入っていきました。

 小籠包がちらっと見えたお店でした。

 お店のシステムは、先にカウンター受付的な所でメニューを選んで、先にお金を払う。そして、席に座るという流れ。

 でも、丁度混んでる時間だったのか、席が空いていない!!焦りますねこういう時。
 
ダイナミックな店員のおじさんが、一人でご飯を食べているお兄ちゃんに何かを言いに行きました。
 
 多分、僕らが席がなくて困っているのを見て、一人で食べているお兄ちゃんに早く食べろ!みたいなことを言いに言ったのかな~と・・・(汗)

 お兄さんはその後、早く食べてお店を出ていきました。僕らとしてはありがとう!という感じなのですが、お兄さん大丈夫だったのかな~と心配になりました。これが中国流!?ですね。

 中国では、一人一人が注文するより、みんなで色々頼むスタイルが多くて、この日も色々頼みました!

 小籠包を食べるためにお店に入ったので、二種類の小籠包を。

 僕自身がチェズ(ナス)が好きなので、チェズ料理とその他モロモロ・・・


小籠包おいしいです!種類が色々ありました。


炒め物!ナスが美味しいです!
 メニューが読めないので、大体で頼みました!


汁物は少し見た目より味うすです・・
 小籠包は、さすがに美味しかったです!!日本ではなかなか食べれる店は無いかも・・
 
 チェズの炒め物もさすが!美味しいです。チェズ料理は日本は敵わないです!好物です。

 でも、他の焼きそば的なもの、チンジャオロースー的なもの、ラーメン的なものは味が少し

 物足りない感じでした。見た目は濃そうなのに味が薄い・・そういうパターンが結構あります。

 中国の醤油とか見た目より味が薄いらしいです!

 中華料理はやっぱりこちらは美味しいと思います。でもやっぱり少し思います。

 食材って、大丈夫なのかな・・・(汗)


ブログ村に参加しています。
良かったら下をポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ