経験65:中国で食べる日本料理店の味は?台湾料理店の味は?? です。

 短い文章ながらも、毎日ブログを続けることの難しさを感じます。全然毎日書けないです(汗)

 さて、本日は中国にある日本料理店の味、台湾料理店の味は??という内容です。

 日本にも中華料理店はたくさんあります。・・が、中国の方からすると、「違う。美味しくない」と感じるそうです。確かに日本人向けに味付けされていますし、本場の味が分かる人が作るわけではないからですね。

 逆に、中国でも日本料理店はいっぱいありますが、同じことが言えます。見た目はなかなか日本料理に近い・・・ でもちょっと違う。。まずくはないけど、日本で食べる料理の方が美味しい。。。 という感じです。

 もちろん、お店も色々ありますので、美味しいところもあります。面白いのは、日本の文化を中国の人が想像で作り上げていること。

 つまり、お店の雰囲気であったり、店員さんのコスチューム、接客対応など。ものすごく一生懸命研究してくれているのはわかりますが、やっぱりすこし違ったりします。
 
 日本人がチャイナ服の中国人をイメージするのと同じですね。ただ、日本語を一生懸命話してくれるのでそういう面で非常に感心したりします。

 味についてですが、分かりやすくカレーライスの感想を書くと(別にカレーが日本料理ではありませんが・・・)、ちょっと薄くて、スパイシーな味だったりします。

 でもカレー度は非常に高いです。
 なので、カレーはよく食べたくなって注文します。
 
 値段がローカルな中国料理店に比べると高い。というのがネックです。ローカル店だと、5人で120元そこそこのところが、日本料理店だと2人で行って、150元くらいします。結構高いですよね!ぜいたく品です。 

 
 次に台湾料理。ですが、これはおすすめのお店に連れて行ってもらうので、「美味しい」です。

 他のお店もあまり知らないので、ただのこのお店の感想でしかないのですが、濃い味付けではなく、あっさりとしていてカジュアルな感じです。写真を見てるとお腹が減ってきました。。。









 以上、長かったですが、上海ネタは今回で終わりにしようと思います。また新たな経験ができたら書きたいですね。


ブログ村に参加しています。
良かったら下をポチッとお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ