経験98:子供向け番組 「羊のショーン」 に2歳の子供がハマりすぎてすごいです!

 子供が生まれてから、ずっとなんらかのTV番組を見せてきました。どんなご家庭でも王道を避けてこれないかと思いますが。。。

 「いないいないばあ」 → 「お母さんと一緒」 → 「みいつけた!」 → 「英語であそぼ」 ・・
などなど。

 その他には、「ピタゴラスイッチ」や「おさるのジョージ」にも反応を見せる時がありました。

 子供向け番組は本当に不思議で、ちゃんと子供が興味を持つようになっている内容なのがすごいです。

 子供が大きくなるにつれて、コッシーにはまり、ワオッ!の歌やダンスにはまり、英語の番組に出てくるおっさんにはまる・・・ テレビの真似をして踊る子供を見ているとかわいらしいですね。

 さて、2歳越えたあたりからどの番組もそこそこ飽きてきたのか、テレビに興味を示すことが少なくなってきていたのですが・・・・ 

 ある日なんとなくつけていたテレビに子供がめちゃくちゃはまり込んだものがあります。

 それが、「羊のショーン」です!イギリスのアニメというかCGっぽいアニメです。

 知っている方もいるかと思いますが、少なくとも子供がハマるまで、自分は全然知らなかったですし、オモチャやでたまに見かけていたこの羊のキャラクターは何なんだろう・・・とあまり記憶にもないようなものでした。

 内容はすごくて、出てくる登場人物にセリフが一切ありません。動物はそれぞれの鳴き声やもしくは特徴ある鳴き声のみ。出てくる人間に関しては、「オウオウアオウオー」みたいな感じで、しゃべり声が表現されています。見ていてそれが面白いです。

細い羊がショーンです
 メインキャラは、牧場主の禿げたメガネの「おっさん」と、おっさんに仕える犬と、ショーンになります。

 見ていると大抵は犬が何か失敗をしでかし、ショーンが犬を助ける。おっさんの前ではショーンは羊なのですが、おっさんが見ていないところではショーンは人間のように立って歩いてなんでもできます。

 それをおっさんにバレないように色々とバタバタするコメディーです。

 なぜか犬が人間のようになんでもできてしまうのは、スルーされている点が面白いですし、ショーンが犬をなぜか助けるという性格の良さというかそのノリが見ている自分の気分を良くしてくれます。

 話のテンポも良く、音楽も頭に残る楽しい話が満載です。

 ストーリーはある程度分かるとはいえ、想像力を働かせながら見る点で、子供に良い影響を与えてくれるのでは思う反面、言葉がないので言葉を覚えれないという側面もあります。

 子供が好きすぎて、「ショーン」という言葉をすぐに覚え、家にいるときは時間があれば、「ショーンショーン」と言いながらリモコンを持ってきます。寝言で「ショーン」と叫ぶ時もしょっちゅうあります。

 本当に一日中見ていたりしますし、ところどころで大笑いしたりします。今までの子供番組の中では一番熱中しているように感じます。

 大人の僕が見ていても、最近面白さにはまってきました。子供と一緒に見るのが楽しいです。





 関西では土曜日の朝9時?くらいやっています。見たことが無い人は、この羊のキャラに全然愛着がわかないかと思いますが、見るとはまります。ぜひ見てほしいと思いました!!

 オープニング曲は、カールスモーキー石井が作詞して歌っているのですが、頭から離れまん!!

 おススメなのでぜひ一度見てみてください!



 ブログ村に参加しています。
良かったら下をポチッとお願いします!


ブログランキング・にほんブログ村へ