経験96:大阪から長野県白馬をめぐる1泊のバスツアーに参加した経験!バスツアーって安いですけど、どんな感じなのか!?

[経験] ブログ村キーワード
 本日は、安いバスツアーに参加した経験。旅行も色々とありますが、バスツアーは初めての経験で新鮮だったので、どんなものなのかブログしたいと思います。


良かったら下のボタンをポチッとお願いします!


人気ブログランキング


 色々な旅行を経験してきました。新幹線や飛行機、自分の車で移動が基本でしたが、バスツアーは初めてです。(学生時代の修学旅行などは除く)




 安くて気軽な感じ、そしてすべてお任せでプランが決まっていて、楽なこともあって申し込んでみました。


 ツアー内容は、大阪から出発して長野県の白馬で宿泊して帰ってくるプランです。

 1人1万5千円もいかないくらい??の料金だったような・・・(覚えていません汗)

 大阪から白馬なんて、マイカーで運転するほど自分は体力も気力もありません!バスで楽々!自分が運転しなくて良いなんてほんとに助かります。

 天王寺駅裏からバスに乗車し、他にも何か所かお客さんを乗せてから出発です。朝の集合時間は結構早いです。

 ワクワクしていましたが、、、いざ出発してみると、当然ですが延々と移動移動移動・・・



  自分が運転しないから楽だと思っていたのが全然甘かったです。。バスは新幹線と違って席が非常に狭くて、ずっと座っているとしんどくてたまりませんでした(汗)


 お昼過ぎに「信州安曇野 大王わさび農場」に到着。

  キレイな水でわさびを育てている農場があるのんびりした施設です。梅林や水車、わさび商品が揃うショップなどがあり、のんびりと散策することができます。

  ここで自由行動でしたが、ボートに乗ったり、わさび農場を眺めたり、わさびソフトを食べてみたり。自然に触れ合いました。
 
わさび農園内にある川をボートで揺られます。

 そして、またバス移動であっという間に夕方に。。。宿泊先は、スキー場で有名な白馬のロッジでした。周辺はほんとに何もなくて、ロッジでお風呂に入って、ご飯を食べてゆっくりするのみ・・



 お風呂は小さめの銭湯って感じです。そして、楽しみにしていた晩御飯も、学生の修学旅行で出てくるような感じの素朴なメニューでした。写真で雰囲気が分かって頂けるかと・・・。


ロッジの晩御飯メニュー

 ご飯は残念。でも、空気がとても澄んでいました。それはすごく感じて、体の疲れやストレスがす~っと晴れる感じがしました。自然の良いところはこういうところだと思います。





 次の早朝早く。今回のバスツアーのメインイベント、「気球」体験に参加しました。生まれて初めての気球です。

 すごい炎でゆっくりと気球が登っていくのですが、いろんな意味で怖かったです。こんなものによく平気で乗るな~って思いました!!




 メインイベントの割に、気球はまっすぐ上に上がって、下に降りる。15分程度の体験でした・・・なんだかな~って少し物足りなかったです。

 宿に戻って少しするとバスに乗車。またまた長い道のりです。帰りはリンゴ狩り体験がありました。が、1人1個か2個までしか狩ったらダメとのことで、時間を持て余す感じでした。


初めてのリンゴ狩りは一瞬でおわり!

  あとはひたすらバスに揺られるのみ。最初に乗った天王寺駅で解散です。

 天王寺駅で降りるのは自分達だけでした。最期の方は、乗客が自分達だけなので、バスの運転手とバスガイドがすでに仕事終わりモードで世間話をしているのが印象に残っています。(悪い意味で)

 

 バスツアーを経験して思ったこと。。 安いのは当然の内容!ということと、運転しなくてよいので楽かというと全然そうではなく、長時間のバス乗車の疲労が半端ないということ。

 わさび農場は無料施設。ロッジは格安宿泊施設。リンゴ狩りも1個か2個だけ。気球は15分の上下運動のみ。

 バスは大人数なので燃料代や高速道路代はかなり安く上がるはず・・・

 旅行はやっぱり自分で行くところを決めて、新幹線やマイカーで移動するのが良い!楽しい!という結論に至りました。おすすめ度は「下の中!」です。

 バスツアーは内容をよく確認することが大事です!! いい経験になりました!



 バスツアー含め、旅行を調べるならここで!



ブログ村に参加しています。

良かったら下をポチッとお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ



注目の投稿

経験283:部屋にポスターを飾ると雰囲気が変わる!おススメ!

[経験] ブログ村キーワード  うちのリビングにはカウンターデスクがあります。主にパソコン作業をするため、ゆくゆくは子供をここで勉強させようという気もあります。  カウンターデスクの壁は灰色でシック!なのですが、何か物足りない・・・と思っていました。  そこで、IKE...