経験181:三十台後半で転職しました!緊張の1次面接!!面接官の人数は?雰囲気は?内容は?

 

 転職活動を始めて半年近く・・・ ついに書類選考を通過することが出来ました!

 しかも同じ企業を三回落ちて、四回目のトライで連絡頂けました。。。 普通なら諦めても良いくらいの回数ですが・・・ あきらめなかったことが良かったのかもです!

 さて、事前電面談で色々とアドバイスを頂きました。(内容は前回ブログで)

 自分で事前に再確認したことは・・・

 ・志望動機の整理
  →会社の状況が悪くなったこと
  →開発部だった経験を活かし、製品に関わった仕事をしたいこと

 ・自分の職務経験
  →12年間すべての業務を思い出して整理

 ・志望会社の事業内容
  →転職フェアでのプレゼンや、資料を再度読み直し、今後の展望
    を中心に見ておきました
 
 この3つだけ念入りに確認しました。 
 あとは、自分の言葉で、その時に臨機応変に答えようと思っていました。

 なんとか自分のペースに持ち込んで・・・とか少し甘い考えを持っていました!

転職にはエージェントサイトの登録が有力です!
まずは登録を!



 【ついに面接日当日】
 
 その日はどのように過ごしてもやってくるもので・・・あれよあれよと面接日当日となりました。

 当然、現職場には事前に有休を取得していました。。。 忙しい時期だったので申し訳ない
 気持ちは当然ありますが、気持ちは面接に向いていました!

 面接会場は、自分の希望していた事業所にある会議室です。

 まだ自宅から通ったことが無いので、念入りに時間を調べて30分くらい前には到着するように準備していきました。

 バスでいよいよ会社前に到着して、挙動不審そうに入り口を探していると・・・・

 転職フェアで面談をしてくれて、事前電話面談でアドバイスをくれた、さらに1次面接の面接官である人事担当の方が丁度到着して自分に気づいてくれました・・・

 なんて偶然でしょうか!とにかくこんな当日にも助けて頂くことになるとは・・・ご縁があるような気がしてなりませんでした(笑)
 
 面接時間まで、展示スペースで商品の説明をして頂いてました。 気分も少しほぐれました。。。

 その後、待合室で待つこと数分。いよいよ時間となりました!!

 心臓のバクバクが半端なかったですけど、いつも自分はドアの前に立つとものすごく落ち着きます・・・ あきらめ?なのか気合が入るのか・・・ 今だに自分でも分かりません!




 ドアをノックする時には必ず3回する!というのは絶対に守るように最も気をつけています。
 マナーらしいです。誰も気にしないことだと思いますがこだわってやっています。

 ドアを入ると、人事担当の方のみ。「ええ?後から入ってくるの?」と心の中で思いました。。。

 ドアを開けるとともに自己紹介と挨拶をしようと思っていたので、拍子抜けでした(汗)

 しばらくすると、2名入ってこられました。。ここが一番緊張しました!
 立ち上がって「こんにちわ。」 

 正面に来られたところで、「〇〇です。よろしくお願いします。」 という流れ。

 そして、遅れて2名入ってこられました。

 また、立ち上がって繰り返し(汗)「一回にしてよ~」と心の中で思っていました。


ブログ村に参加しています。
良かったら下をポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ


 【面接内容について】
 
 まずは、人事担当の方から、面接の説明がありました。

 そして、自分の自己紹介と職務経験を説明するように言われます。

 面接官の方たちは当然、威厳あるご年配の方々が並ぶため非常に気圧されます。。。

 一言目の声が出るかどうかで、流れが変わると思っていたので、第一声は大きめで話始めました。

 ここでも自分の中でこだわりがあります。 

 ・それは正面の人を中心に、面接官のオデコあたりを
   見て話すことです。絶対にそらしません!!
   目を見るわけではありません!オデコを見続けます!

 ・可能な限り、ゆっくり話すことです!
  自分で話しながら軌道修正する。そして、相手が聞き
  とり易くするためです。

 そしていよいよ面接官の質疑応答!

 ・現職の内容について、興味深く聞いてくる。
 
 ・出身や住んでいる場所・家族など・・・

 最初に気を使って頂いて気持ちをほぐしてくれる意味合いがあると思います。

 そして、徐々に返答内容に気をつけないといけない質問に変わっていきます。
 
 ・なぜ、うちの会社を受けてくれたのか!

 ・希望業務について、自分のキャリアをどう生かせるか?

 ・他の会社は受けているのか?

 そして、一旦ここで、今回の応募職種について、資料が配布されて内容を説明されました。

 大体、思っていた内容なので軽く聞く・・・ のではなく!ここでもやることがあります。

 ・資料の内容や業務説明の中から、必死に質問を考える事!
 
 です。何か質問をするために、必死で資料に目を通しました。

 普段何気ない時には疑問は色々出てくるものですが、極限状態だと出てこないものです。。。
 さらに、下手な質問はできないだろうというプレッシャーもあります。

 さて、説明の後やりとりは続きます・・・

 ・業務内容に質問などありますか?

 ・入社すると、ずっと(定年まで)この業務をやっていくかもしれませんが
  大丈夫ですか?

 ・この業務で本当に良いですか?(念押し)

 ・何かこの業務で自分の中でこうすれば良いというようなアイディアはありますか?
  
 主な質問はこのような感じでした。。少なそうですが、実際はその中でさらに話が膨らみますので少ないとは感じません。

 面接時間としては、1時間程度。。。 長いようですが、ペースに乗れる、自分ペースに持ち込めればもっと話していたい!と思えるかもしれません。

 こちらからの質問としては、

 ・自分の現職と取らし合わせた質問 ができたので、ある程度運しだいかも・・
 
 ・職場の雰囲気や、食堂について、グループの
  年齢構成などざっくばらんな内容

 ・現職の会社や商品についてのイメージ を逆に・・・

 などなど、ある程度ホンワカできる内容と実務的な内容をうまく織り交ぜて話せたと思います。

 

 面接が終わった後、ものすごくホットした気持ちになりました。

 面接までできたので、充実感があって、これで落ちたらもう悔いはないとも思いました。
 これで落ちたら、しばらく現職で頑張ろうと腹をくくった時でもありました。

 12年ぶりの面接。。 あの当時と比べると自分は大分社会人になったな・・・と実感しました。

 転職活動をしている方も、年齢キャリア関係なく、1次面接まで来れたら、みんな平等に戦える場所だと思います。

 いつもの自分を出せるように・・・落ち着けば と思います!!!

 さて、1次面接の結果は・・・ 次回に!



楽天市場で欲しいもの・必要なものを検索してみましょう!





 


ブログ村に参加しています。
良かったら下をポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ



 

人気の投稿