経験206:結婚式当日の話!自分の選んだ式場はこんな感じでした① 教会の人前式はどうだった!?

[経験] ブログ村キーワード

 本日はいよいよ結婚式当日の話。自分はどんな式を挙げたのかを紹介します!

 これから式を考えている人の参考になればと思います。

 式の当日、開始はお昼くらいだったと思いますが、自分たちは準備のため早くから会場入りします。。。 が、まさかの渋滞にはまりあり得ないほどの荒々しい運転で会場に向かった記憶があります。プチ遅刻!

 なんとか取り戻せる範囲内ので遅刻だったので、多少バタバタしましたが、準備を整えました。

 「本当にこの後式が始まるのか・・・」という気持ちです。「みんなちゃんと来てくれているかな」という心配もあります。

 当日は準備のため受付してくれる友人に朝一に会えないため、段取りが心配なのです。

受付の様子。綺麗な場所ですね!
 受付では、ウエルカムドリンクが用意されていて、比較的広い空間で皆さんゆっくりと過ごして頂いたようです!受付のみんなの様子を見たかったです!

 その後、いよいよ式が始まるとのことで、当日も教会でリハーサルをしました。入場から退場まので一連の流れです。

 指輪の付け方や、ベールの上げ方、誓約書の読み方・・等々!自分は覚えれませんでした!!

後藤真希さんおススメのサプリメント!!
  

 そして、時間になると教会入り口にスタンバイ。ここで、自分たちだけで生い立ちスライドショーを見せられるのですが、これが感動的で入場前に涙ボロボロになりそうでした。ここでそういうの見せる!?って思いましたが式場の素敵なサプライズです。
  
 そして、入場。扉が開くと、自分だけでまず入場します。真っ先に目に入るのはバスケ部の友人たち。いつも緊張をほぐしてくれる頼もしい友人達です。

 さらに、メガネ型ビデオカメラで隠し撮りを依頼した友人!ぶれない様に頭を完全に固定して撮影していてくれたのですが、周りの人達が動き回っている中で、その人だけが異常に静止しているので、本当に笑いをこらえるのに必死でした!友人に感謝です。

 隠し撮り用メガネ型カメラに関しては、経験189で記事にしています。
http://keiken-blog.blogspot.jp/2016/10/129_27.html

先に入場して奥さんを待ちます!
  そして、奥さんと、奥さんのお父さんが入場します。

 赤いカーペットは“血”をイメージしていて、お父さんから自分へ奥さんをバトンタッチする意味があるそうです。

 お父さんから「お願いします」と奥さんをバトンタッチされた後、檀上で誓約書~指輪~誓いのキスまでこなしていきます。

 自分は人前式を選択しました。宗教や神様を信仰しているわけではなく、自分でなんでもやっていいくという意気込みです。

教会は綺麗!の一言。神秘的です。
 教会の壮美さで、式場を選んだこともあって、壇上に立っていてもずっとその会場に見とれていました。ヴァイオリンの生演奏がさらに際立たせてくれます。
 
 もう四年くらい経ちますが、やはり檀上での記憶はかすかにしか残っていませんね!緊張していたのでしょう!

 そして、教会の外に出て、フラワーシャワーをしてもらった後、みんなで集合写真です。
 
 自分は7月後半に式を挙げたのですが、なんとこの日だけ異常に涼しくて天気も良かったのです!汗だくを覚悟していただけに、奇跡に感謝しました。

綺麗な場所で写真を撮れます!
  いっぱい友人が来てくれて嬉しかった瞬間です。呼べなかった友人には申し訳ない気持ちです。高校までの友人、大学の友人、会社の友人が揃うなんて、ちょっと不思議な感覚でした。

 以上、披露宴までの流れでした!
 
 今回は披露宴前までのお話しでした。自分は過去に色々と友人に結婚式を読んで頂きましたが、そんな中でも、自分の挙げた式場はひいき目に見たとしてもかなり良い場所だったと思います!

 ぜひ参考に探してみてください!ゼクシィならすぐに見つかります!






ブログ村に参加しています。
良かったら下のアイコンをポチッとお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気の投稿