経験70:「スパワールド」レビュー!プールと様々な巨大温泉とレストルームもあって、1日ゆっくりできます。

本日は、大阪にある
スパワールド
に行った話です。


 最近暑い日が続いてます。
外で遊ぶのもなかなかに
辛いです。

子供に水遊びをさせて
あげようと考えて
思いついたのが
スパワールドでした! 

駅からもまあまあ近くて、

通天閣も見える場所にあります。

中の施設は、
プール、温泉、レストラン、
ゲームコーナー、レストルーム、
お土産屋、宿泊施設、
マッサージ等々
・・・充実です!

しかも温泉のお風呂は、
めちゃデカくて、日本風、
西洋風、タイ風、サウナ、
水素風呂・・・

などなど色んなものが

あって、すごく広くて
びっくりします。

裸でだだっ広い空間を

歩き回ることができる
という体験は中々できないです!




裸でショッピングモールを
歩き回っているような感覚です

店員は服を着てウロウロ

しているので、すれ違う時は
ものなんだか恥ずかしい
微妙な空気が流れます(笑)

さて、充実の施設ですが、
入場料がお高めの1人1500円。

これは仕方がないとしても、

0歳の子供から1000円
かかるというのはちょっと
ヒドイですね・・・

しかも、忘れ物をしたとしても、
一瞬でも外に出ることを
許してもらえない
という徹底ぶり。。

その辺が不親切過ぎて

ひっかかりました。


貴重な室内プールです!

広い脱衣場で水着に着替えて、
プールに向かうと室内
なのにパーっとひらけた
空間があります。

スライダーや食べ物屋台、
温水プール、子供用エリア
などなど、室内ながら
中々に頑張っている広さです。

軽いバンジージャンプ
などもありました。
  

温水プールもあります!

腕にICタグのバンドをはめるのですが、
このバンドでお会計をします。

最後、スパワールド

出るときにすべて清算という仕組みです。

お金を持ち歩かなくても

良い仕組みですね!

うちは子供エリアで
ずっと遊んだのですが、
子供エリアには、
小さな噴水とブランコや滑り台、
イカダ、少しだけ大きなスライダーが
あるという感じです。




うちの子はビビりなので、
泳いだりとか浸かったりとかしなくて、
噴水をちょっと触ったり、
水をパチャパチャ
するくらいでした。

そして、20分に1回くらい、
上に設置してある大きなバケツの水が
大量に一気に落ちてくるのですが、なんと!

ビビりのうちの子と

奥さんに直撃して子供が
鬼泣きしました!!

ちなみに自分は子供の
写真を撮ろうと距離を置いていたので、
自分だけ助かりました。

それ以来、うちの子は
プール全体を怖がるようになって楽しめ
なくなりました・・・


通天閣を見ながらプール!

お昼は軽く食べましたが、
結構高くつきました。

たこ焼きも600円とかです。
場所代というやつですね!

飲食店も
「美味しい or 美味しくない」
でいうと、
「美味しくない」 
寄りです(笑)!

でもこういう施設とは
そういうものですよね!

最後はお風呂で1人
楽しみました。

ほんとにお風呂は最高で
1日中ゆっくりしたかったです。

潔癖症の人ってこういう
大浴場に抵抗があるようなのですが・・・
どうなんでしょう!?




お風呂に入って、
リラックスルームでゴロゴロして、
マッサージして、ご飯食べて・・・ 
プチ旅行です。
天国です!

子連れだと全ての夢は
かないませんでしたが。。

この日は連休でしたが、
宿泊施設は満室でした。

人気があるのも分かる気がします。

おすすめ度は大です!
ちょっと高いですけど。。。

十分に楽しいと思いました。
また行きたいです。

今なら等身大?
キン肉マンがいますよ(2016年夏)!!
ぜひ!
 

ブログ村に参加しています。
良かったら下をポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ




経験66:大阪府の堺市にある「児童室内遊具施設ビックバン」レビュー!

[経験] ブログ村キーワード
以前から気になっていた、
堺市のビッグバンという
子供向け施設に行ってきました。



公共の室内遊具施設です。

ホームページを見ていると
楽しそうな感じです!


夏は外で遊ぶには本当に暑くて、
ふらふらしてしまうので、
室内の涼しいところで
遊べる施設は貴重です。

事前に調べていた情報だと駐車場が
結構高くて、隣接した場所にある
”パンジョ”という
ショッピングモールの駐車場に
停めた方がお得な可能性が
あるということで、
パンジョを目指していきました。



パンジョは、
高島屋が入っている結構大きい
ショッピングモールで、駐車場は
渋滞の列ができるほど混雑していました。

しかも、
初めて行くと駐車場の場所が
分かりずらくて、何周かグルグル
回ってしまうかもしれません。

この点はご注意を!

パンジョで2000円分の買い物や
食事をすると、駐車場が2時間無料
になります。

これを利用して、
ランチはここで食べました。

自分が好きな大戸屋という定食屋が
あったのですが、人気で待ち時間が
多かったのであきらめました・・・



さて、
前置きはこの辺にして、
パンジョから直接歩道橋で
ビッグバンとつながっていて、
歩いて5分以内で到着できました。

入り口を入ると、
早速テンションが上がるような雰囲気。
エレベーターも宇宙船
みたいな感じになっています。


フロアは4Fまであって、
4Fは自然科学館のような場所。

3Fは大きな恐竜などの遊具で
遊べる簡単なアスレチックフィールド。

2Fは赤ちゃんスペースや、
自分で書いた絵がスクリーンの中で
動き出すようなデジタルな施設や、
供料理体験教室みたいなものがあり、
1Fは小さな劇場とフードエリアがある。

ような作りになっています。


まず、

4Fですが、安っぽい自然科学館
という感じです。

床にプロジェクターで写した
昆虫が歩いていたり、
でっかい万華鏡があったり、
昭和の街並みが一角にあって、
雰囲気を楽しめたり、
微妙ながら科学の不思議を
体験することができます!



2歳ちょっとで怖がりのうちの子は、
怖がって遊べるものが
少ししかありませんでした。




 そして3F
恐竜やワニのアスレチック遊具があり、
中には滑り台やトランポリンや洞窟、
ワニの体の中など、
楽しい感じの遊具なのですが、
うちの子は怖がって
近づけませんでした・・・(汗)






奥にある赤ちゃん用スペースで

オママゴトを楽しんでました。。

そして、2F

赤ちゃんスペースがあって、
結局ここが1番楽しそうに
遊んでました。

木の電車のおもちゃと、
クッションのでっかい積み木。






これって、

どこの百貨店とかショッピングモール
内にもある子供スペース
じゃないですか!

ビッグバンに来る意味が無い・・・
うちの子、ビビりすぎます・・・





1Fの劇場では、
なにやらお母さんと子供が一緒に
遊ぶようなイベントがあった
そうですが、謎のままでした。

また、

4Fから1Fまでつながっている
ジャングルジムもあるらしく、
すごく気になりましたが、
うちの子が遊べるはずもなく、
見れずじまいでした・・

まだここに来るのが

早すぎたのかもしれません。 

感想としては、

入館料にしてはもう少しがんばって
ほしいなと思う内容です。

はしゃぐのが好きな子供なら、
元が取れるかもしれません! 

悪くはない施設なのですが、

もう少し・・・って感じる場所です。

おすすめ度は「中」!

です。

室内遊具施設という貴重さと

その内容を考慮したおすすめ度です。



 
公共の施設なので、
もう少し安くしてほしいですね。

ショッピングモール、

パンジョとセットで出かけるなら
大いにアリだと思います!!


良かったら下のボタンを
ポチッとお願いします!

経験65:中国で食べる日本料理店の味は?台湾料理店の味は?? です。

さて、
本日は中国にある日本料理店の味、
台湾料理店の味は??
という内容です。


日本にも中華料理店は
たくさんあります。・・が、
中国の人からすると、
「違う。美味しくない」
と感じるそうです。

確かに日本人向けに
味付けされていますし、
本場の味が分かる人が
作るわけではないからですね。


逆に、
中国でも日本料理店はいっぱい
ありますが、同じことが言えます。

見た目はなかなか日本料理に近い・・・
でもちょっと違う。。

まずくはないけど、
日本で食べる料理の方が美味しい。。。
という感じです。

もちろん、
お店も色々ありますので、
美味しいところもあります。

面白いのは、
日本の文化を中国の人が
想像で作り上げていること。

ネットでショッピング!



つまり、
お店の雰囲気であったり、
店員さんのコスチューム、
接客対応など。

ものすごく一生懸命研究して
くれているのはわかりますが、
やっぱりすこし違ったりします。
 
日本人がチャイナ服の中国人を
イメージするのと同じですね。

ただ、
日本語を一生懸命話してくれるので
そういう面で非常に感心したりします。

味についてですが、
分かりやすくカレーライスの
感想を書くと、
(別にカレーが日本料理では
 ありませんが・・・)、
ちょっと薄くて、
スパイシーな味だったりします。

でも、
カレー度は非常に高いです。

なので、
カレーはよく食べたくなって注文します。
 
値段がローカルな中国料理店に
比べると高い。
というのがネックです。

ローカル店だと、
5人で120元そこそこのところが、
日本料理店だと2人で行って、
150元くらいします。

結構高いですよね!
ぜいたく品です。 

 
次に台湾料理。

ですが、
これはおすすめのお店に連れて
行ってもらうので、
「美味しい」です。



他のお店もあまり知らないので、
ただのこのお店の感想で
しかないのですが、
濃い味付けではなく、
あっさりとしていてカジュアルな
感じです。

写真を見てると
お腹が減ってきました。。。





以上、
長かったですが、
上海ネタは今回で
終わりにしようと思います。

また新たな経験ができたら
書きたいですね!





ブログ村に参加しています。
良かったら下を
ポチッとお願いします!

経験64:中国の方々の接待、高級料理店のお料理など、雰囲気や味はどうなのか?

中国に仕事で行って、
取引先企業に現場立ち合いに
行くと、
必ずと言っていいほど

「お昼行きましょう」
「晩御飯行きましょう」

となります。


そして、
帰国日が近づくと必ず
「お食事会しましょう」
となります。

例え仕事中でも、
早く帰りたくても誘われます。

ほとんどが断れません!
日本だったらこんなことありませんね。

これは、
中国の方々のおもてなしの心と、
人懐っこい性格・文化によるものです。

さて、
出張中、当たり前のように
幾度かお食事に行きましたが、
今回はその中でも高級店に連れて
行ってもらったお食事会の経験です。

何度か触れましたが、
本当に中国の方はおもてなしの
心がすごい。気遣いがすごい。

日本人が硬すぎるのかもですが・・・ 

中国に行く前の中国人のイメージ、
せせこましそうで、
いいかげんそうで、強引そう。。

つまり悪いニュースで
よく見かけるまさにアレです。

でも、実際は、人懐っこく、
思いやりが強く、ジェントル。

明るくて体力もある。

おもてなしには手を抜かない。
会社の前線で働いている人や
経営者は!ですが。。

今回の接待で連れて行って
もらったのは、
すごく豪華なレストハウス・・
でしょうか。
 

こういうお店はどこも
回転テーブルがついています。 

みんなでくるくる回しながら
食べたいものを食べる形式なんですね!


 料理は、
次から次へ出てきます。

一体どんだけ出るんだ(汗)
というくらい出てきます。

ビールもジャンジャンです。
チンタオビールが主流で、
苦みが薄いです。

ビールが苦手な自分には助かります。



町のローカルなお店との違いは・・・

お料理の味が少しお上品。
薄味という感じでしょうか。

料理によってはローカル店の
方がおいしいものもありますが、
やはり高級店は美味しいと思います。



 
上写真はフカヒレスープ。。
ちょっと薄味でした!
素材の味重視ですね。



お次はナマコ。。
多分高級食材なのでしょうが、
見た目が(汗)

食べてみるとコンニャクのような
グニュグニュ感ではなくて、
ぬめりのあるニュルグニュ感・・・

スープの味もとても薄味の
コンソメ?
みたいな感じでした。




よく覚えてませんが・・
それくらい薄味。 

現地の方は普通に完食してましたが、
自分は途中で断念しました!




最後はお粥です。
こちらのお粥はほんとに美味しくて、
中に入れる具材を選んだりできる
場合もあるのですが、
ピリ辛の豆的なものを入れると
本当に美味しいです!

この日はお茶のつくだ煮みたいなのと
塩辛い魚の切り身。

美味しかったですが、
お米自体はやはり日本の方が美味しいです。


料理の詳細までお話ししたい
ところですが、
詳細をお伝えするのは難しいので、
やめておきます。

ただ、
日本にいてもそうそう行けないような
お店でお料理を頂くことが
きて本当に貴重な経験でした。

中国への旅行はネット検索!



機会があれば中国や他の文化の
国とお仕事をしてみると、
きっと色々と勉強になります。

ブログ村に参加しています。
良かったら下を
ポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ



人気ブログランキング

経験63:「上海の地下鉄」レビュー!どのような雰囲気、感じなのか??

[経験] ブログ村キーワード
本日は中国の地下鉄の
移動に関しての話です。

前回はタクシーの話
だけで結構長くなって
しまいました。

さて、
中国は広いので、
移動には電車やタクシーが
かかせません。

上海では、
日本のように地上を
走る電車はなく、
すべて地下鉄です。


良かったら下のボタンを
ポチッとお願いします!


人気ブログランキング

路線図は結構複雑で、
大阪と同じくらい?
東京ほどではない?
みたいな感じです。



基本的に、○号線から
△号線に乗り継いで、
目的地の駅まで行く。

というような感じです。

現地では、
光地や目的のお店に
行くために乗り換えが
結構あったので、
やはり広いんだな~と
感じました。

さて、
駅の雰囲気ですが、
日本と同じ。

日本の地下鉄もそんなに
綺麗ではありませんが・・・
そんな感じでした。

中国!って感じの
ピカピカの石床で、
結構キレイだなと
思うこともありました。




なんと、
電車の案内板には、
あと何分で電車が
到着するか、カウント
ダウンまで表示されています。

また、
電車のドアの前には
安全のための二重扉が
ついていて、これらは
日本よりも先進性がありました。

また、
ICOCAみたいなIC乗車
カードもあって、
タクシーなどにも使える
のですが、購入すると便利です。

ただし、
大きな駅などでは
チャージの仕方が
よくわからず、
困りました。。。

勇気を出して不愛想な
案内のおばちゃんに
チャージをお願いしても、
ワーワー言われて
結局チャージできず・・
みたいなことが多かったです。

どういう仕組み
なんだろ・・・・

電車賃に関しては、安い。
と思います。

どこに行っても数元とか
十数元とかが
多かったと記憶しています。

つまり、
数十円~2百円前後って
感じですね!

日本が高すぎますね。
なんでも・・・


  

さて、
電車内の様子ですが、
電車の中央にポールが
立っていて、アメリカンな
感じがしました。



椅子に関しては、
カッチカチの
プラスチック製で、
柔らかくないし滑ります。

みんなスマホを
いじっています。

そして、
ちょくちょく、何かを配り
歩く人もいたり、お金を
せびってくる人もいました。

でもそんなに悪い雰囲気
でもなく、ごく普通の電車!
って感じでした。

上海の人で感じた事・・・

結構みんな背が
高い人が多い。

日本の電車に乗っている時
よりも高いな~と
思う人が多い気がしました。

中国では南の方の人は
比較的背が低く、
北の方は背が高いとか
聞いたことがあります。

食べ物の違いとか。

そして、
女性は化粧をしている人が
少ない。ということ。

本当にすっぴんなんです。

日本ではほぼ全員が
化粧していますが、
中国では本当に
わずかしか
見かけませんでした。




そして、
ファッションは、日本では
見かけないような
色合いの服の方が多いです。

これも中国って感じの
服装ですね!
興味深いです。


最後に、
上海の地下鉄を利用する
のに便利なスマホアプリは、
「上海メトロ」という
アプリです。

路線図が分かりやすく
表示されますので、
○号線から△号線の
乗り換えが非常に
分かりやすいです。 

ぜひインストール
していってください。

以上、
上海の電車事情でした!

ブログ村に参加しています。
良かったら下を
ポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ


注目の投稿

経験314:ニトリの「レンジ上ラック ワイド」でキッチンが劇的にスッキリ!毎日見惚れてしまいます!

[経験] ブログ村キーワード 最近キッチンの収納グッズ を購入して、思った以上に すっきりして感動したことが ありましたので、紹介します! それは、 ニトリ で購入した 「 レンジ上ラック 」 というものです。 全然珍しくもなんでも無い商品 なのですが、なぜ何...