経験83:夏の「琵琶湖バレイ」レビュー!空気が涼しく、景色がすごい、遊具が楽しい、カフェがすごすぎる!ロープウェイが楽しい!!

[経験] ブログ村キーワード
滋賀の琵琶湖バレイ
に行ってきました。

あまりにも楽しかったので、
2回に分けてブログしたい
と思います。

琶湖バレイ言えば、
スキー場なイメージだったのですが、
テレビで「琵琶湖テラス
なるカフェが紹介された
ことがきっかけで、
行ってみることになりました。

琶湖バレイ話は後ほどにしますが、
景色とテラスが一体化したような
壮大なカフェです。

滋賀県も広いので、
大阪から出発して、
たどり着くのに
結構大変でした・・・。

高速道路が複雑で、
出口を間違えたりもしました。

そして、
湖バレイの駐車場について
からも大変でした。

山の上に位置しているため、
駐車場は山の斜面に
段々に配置されています。

昼の12時過ぎに着いたのですが、
入り口から結構遠い
 駐車場 ”11番” という
場所に停めることになりました。
 
そこからロープウェイ入り口まで、
送迎バスがあるのですが、
台数が2台なうえに、
バス自体も小さいため、
結構待たされることになります。

とはいえ、
歩くととんでもない坂を
上がることになります!

ロープウェイでも
並ぶことになります。

ただ、
ロープウェイ自体は比較的大きくて、
大人数が乗車できるため、
結構スイスイ進みますが、
本数が少ないために
結局待ち時間があります。

この通り、
琶湖バレイに入るまでに色々と
難関があります。

また、
ロープウェイで到着して
からもそれは続きます。

さて、
ロープウェイからの景色は
次の写真の通り。

おおっ!」ってなります。

琵琶湖を本当に一望できます。
感動します。 


景色がすごいです!気持ちよい!












無事に辿りつくとそこには、
レストランや、斜面に
作られた芝生の
スライダー遊び他、
色々な遊具があります。

当然、
スキー場の面影があります。




そこから、
メインの広場へは次のロープウェイに
乗り継ぎます。

が、別料金!
ですね~・・・当然ですね(汗)


結構な距離をロープウェイで
移動すると、
途中に色々な遊具や
アスレチックが見えます。

子供用の小さいプールスライダーは
気持ち良さそうです。

アスレチックは子供向けのものや、
本格的なものもあります。

でも、
そこまで行くのが
変そうでした。

どうやって行くんだろう・・・
という場所にありました。


ロープウェイを数回乗り継ぎます!













ロープウェイの1つ目の
終着点につくと、
面白そうな子供向け遊具が
いっぱいありました。

大人でも楽しめます。
 
レジャー検索はネットから!



うちの子供が好きな
ストライダー用の
オフロードコースや、
バスケットボール
・野球・サッカー・
水遊び場・竹馬や輪投げの
ような小物遊具
色々と揃っていました。 

ここのエリアにある遊具は
自由に遊んで良くて無料です。
ありがたいですね!

うちの子はストライダーを
乗り回していました。

といっても自分がそばで
支えないと
転びそうなので、
つきっきりで疲れました・・・



ストライダーのオフロードコース!

自分は学生時代にバスケットを
していたのですが、
子供にも初めてバスケットを
させてあげられました!

ダンクシュート!感激です。


ダンクシュート!!













水着を持参していなかったので、
子供用のプールスライダー
はできませんでした。

フィールドには色々な遊具
がある上に、
広すぎるので、
行けるところは限られます。
もどかしい。



この日のランチは、
琵琶湖バレイ出入り口で 
ロープウェイ代とセット料
金で買えるランチバイキング
にしました。

バイキングといっても、
取れる料理はある程度決まっていて、
順路通りに進んで料理を
取っていくというスタイルです。

子供が好きそうな料理が多くて、
自分は結構好きでした。



本日は書ききれませんでしたが、
次回は琵琶湖テラスや頂上の景色、
そして色々とかかる料金
についてブログします!

おススメ度は「超大」です。
ですが、気になる料金や
注意点は・・・次回に!

秋旅行もネットで検索!


ブログ村に参加しています。
良かったら下を
ポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

注目の投稿

経験314:ニトリの「レンジ上ラック ワイド」でキッチンが劇的にスッキリ!毎日見惚れてしまいます!

[経験] ブログ村キーワード 最近キッチンの収納グッズ を購入して、思った以上に すっきりして感動したことが ありましたので、紹介します! それは、 ニトリ で購入した 「 レンジ上ラック 」 というものです。 全然珍しくもなんでも無い商品 なのですが、なぜ何...