経験109:鈴鹿サーキットのスーパーGTは8時間レース。長すぎ!! イベントはいっぱいなので体力要ります・・

 鈴鹿サーキットの近くに住んでいたこともあり、モータースポーツも幾度か観戦したことがあります。

 スーパーGTというのはF1を除いて、一番人気があるレースです。このレースの良いところは、市販車でいかに早く走るかを競うレースということです。憧れの車たちが何十台も走る姿は鳥肌ものです!
 
 ・・・ただし、改造がすごすぎて、市販車の原型を留めているものは少なく、何の車??というほどの見た目ですが・・

 さて、鈴鹿のスーパーGTはなんと8時間耐久レースです!なんで8時間も・・・って感じがします。



 観戦している人はスタートとゴール両方見ようと思ったら、当たり前ですが8時間もの時間をつぶさないといけません。

 これはものすごいことです。長すぎます!朝にスタートして、ゴール時には真っ暗です。

 でも、開催地は鈴鹿サーキット。遊園地やF1関連グッズ店はもちろん、レストランや屋台もあります。

 また、お決まりのキャンペーンガールのイベントもあります。一部の人はこれがメインで来ていますが・・・

 この日はなんとマッチこと、近藤真彦が来ていました。そのレース1日をブログします!





 レース当日、F1ほどの混雑はないですが、駐車場は早く行かないとゲートから遠い場所しか空いていません。

良かったら下のボタンをポチッとお願いします!



 ゲートから国際サーキット場までは、歩いて20分くらいはあります。第1コーナーもしくは最終コーナーで見たい!とか思うとさらに15分くらい歩くことになります

 スーパーGTは車の排気量ごとに対決する車が分けられていますが、なんと!その何十台の車が同じ時間に同じコースを走るのです。。 (なんで!?って感じですが)

 スタートの瞬間は、何十台ものレースカーがものすごいエキゾーストノートの爆音で大迫力です。鳥肌立ちます。

 でもレース開始後、1時間くらい見ていると・・・マンネリしてしまいます。。車同士の距離が開き、淡々と車が走っていく・・・ 

 一般道で車の数を数えるバイトをしているような、そういう感覚!?

 なので、しばらくすると飽きてサーキットを一旦離れることになると思います。



 レース場を後にすると、イベント会場や屋台がいっぱいあります。マッチもいて、トークショーがありました!マッチを見た感想は・・・ 「マッチ小さ!」「マッチ足細!!」でした。




 でも、本当に謙虚でレースに一生懸命って感じで、好感度はアップしました。ジャニーズというだけであまり好きではなかったのですが、マッチはチャラくなくていい人そうです!


 他には各メーカーのキャンギャルが順番に宣伝していくイベントは盛り上がりました(カメラ小僧が) 

 きれいなお姉さんがいっぱいでした!!こんなお姉さんと友達になりたいですね!どこで会えるんでしょう・・・

 さて、こういうイベントをぶらぶらしていると2時間くらい潰せます。そして、お昼ご飯でも1時間くらい。。。 これでも半分の4時間しか潰せていないんです!

 この時点で、時間が余って呆然とする時が誰でも来ると思います。

 あとは遊園地で楽しんでみようと思うのですが、鈴鹿サーキットは子供向けの乗り物が多くて、大人が楽しむのは厳しいのです!しかも人が多いので、待ちも多い・・・

 そうこうしているうちに、残り2時間くらいはレース場でゴールの時をダラダラと待ちます。




 日も暮れ、念願のゴールの時!! ・・・スタートと違って、感動しないんですね~これが・・・

 1台か、2台が競ってゴールしたって感じで。喜んでいるレーサーたちには申し訳ないですが・・・

 はたから見ていても、身内で何か楽しんでいるな。。あの人達・・くらいな感じでしか見れないのです。
(多分観戦している人は結構こういう感覚が多いと思います笑!) 



 そして、頑張ってゴールを待っていた大きな理由は・・・ 花火大会!です!

 コースから上がる花火を間近で見るのは感動です!レースは関係なく!8時間よく、観戦した!という全員の気持ちが一体になる瞬間です!再度鳥肌・・・・




 このある種の我慢大会スーパーGT!体力に自信のある方は楽しいですので、1度観戦してみてはいかがですか!!?? 雨だと最悪ですね・・風邪ひくこと間違いないです!
 
ブログ村に参加しています。
良かったら下をポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ



注目の投稿

経験283:部屋にポスターを飾ると雰囲気が変わる!おススメ!

[経験] ブログ村キーワード  うちのリビングにはカウンターデスクがあります。主にパソコン作業をするため、ゆくゆくは子供をここで勉強させようという気もあります。  カウンターデスクの壁は灰色でシック!なのですが、何か物足りない・・・と思っていました。  そこで、IKE...