経験337:太陽の塔の存在感!空気が綺麗!緑が美しい!遊具がたくさん!最高の公園「万博公園」レビュー!

お出かけに非常に
良い気候の4月に、
万博公園へ子供を連れて
遊びに行きました!

万博公園は、
大阪万博が開催された場所で、
非常に広大な敷地が
広がっています。

ランドマークは、
「芸術は爆発だ」で有名な
岡本太郎がデザインした
「太陽の塔」です。

万博公園に隣接して、
関西最大級の複合型
ショッピングモール
「EXPOシティ」もあって、
贅沢すぎるほどの施設が
そろった巨大アミューズ
メント施設です。

万博公園の駐車場は、
なんと上限なしの
1時間300円・・・なので、
EXPOシティの駐車場に
車をとめることも
選択肢の1つです。

EXPOシティの駐車場は、
最初の2時間が無料。

買い物2000円以上で+1時間。

ららぽーとの会員カードを
持っていればさらに+1時間。

合計4時間が無料となります。

2000円以上の買い物 をするか
どうかも分かれ道です。

EXPOシティ内の
イズミヤ等で、ランチを
購入してから、公園で
ピクニックするなら良いですが、
ランチ持参 or 園内でランチを
食べるのであれば、
公園の駐車場が選択肢となります。

うまい料金設定です・・・

さて、
自分は今回EXPOシティに
車を止めましたが、
EXPOシティの正面ゲートから、
万博公園正面ゲートまでは
歩いて約5分程度の距離でしょうか。

太陽の塔・・すごい存在感・・

丁度、
高速道路を歩道橋で渡る。

という距離くらいです。

太陽の塔がどこからでも
見えるので、
迷うことはなさそうです!

万博公園は入園料が
かかります・・・

大人230円、子供70円です。
子連れなら300円払ってください!
ってことですね・・・

入園すると、
正面に太陽の塔が・・・
本当に芸術です(汗)

「なんなのコレ」という感情や
「よくこれを創造できるな・・」
「これをこのサイズで
 作ることをOKした人、
 作った人、みんなが凄い」

・・など、
人それぞれでしょうが、
とにかく色々と思わせて
くれるところが芸術の最高峰
なんだと思います。



デザイン1つ1つにも
意味がある・・

それがとても凄いことです。

天才というか奇才というか・・・
それが認められるところ
までもが凄いです。



さて、園内ですが、
非常に広いです・・・

この日、
ピクニックランチして
2か所の遊具で遊んで、
休憩して・・・

全体の4割くらいしか
周れませんでした・・

無印良品でお買い物!


いや、
素通りした施設も多いので、
それ以下かも・・・

本当に広くて、
初めて行くと方向に迷います。




太陽の塔を正面に、
左側へ行くと ”竹林” や
 ”梅林” があります。

梅林は季節が少し違うので
何もありませんでしたが、
竹林は涼しさを
感じさせてくれます。



途中、”足湯” 小屋もあります

この日も数人の方が
ゆっくりと足湯を
楽しんでいました。

子連れでなければ
寄りたい所です!

”自然観察学習館” なる
施設もありました。

中には何か展示が
あるのでしょうか?!

結構しっかりとした施設です。




園内は広大なので、
移動用の ”汽車” も走っています

所々に乗り場がありそうです。
歩き疲れたら利用したいですね!




アスレチックのような
展望スペースもあるようです。

今回はベビーカーを
押していたので、
こちらもスルーです。

相当気持ちの良い景色や 
雰囲気を楽しめるそうです。




歩くこと約15分くらいで
しょうか・・

目的としていた
「わくわく池の冒険広場」
という遊具に到着しました!




期待していたよりも
遊具が小さい・・・!

こんなに広い公園なのに!!
というのが第一印象です。

るるぶで遊び先を検索!


  

周りを見渡すと、
先が見えません・・

どれだけ広いんだ(汗)
と驚いてしまいます

緑豊かで、
本当に気分がすっきりします。

この遊具広場の前の木陰で
ピクニックランチをしました。

4月のこの季節、
本当に外でのんびりするには
最高の天気です!



遊具は小さいながらも
他では見たことが
無いようなもので、
小さな子供なら楽しいです!




小さな子供向けだから
でしょうか、子供の数も
それほど多くはなく
安心して遊ばせることができました!




一通り遊んだ後、
次の遊具広場へ向けて
移動しました・・・が、
太陽の塔を挟んで反対側!

なので、
さらに15分ちょっと
歩くことになりました!

ハンズネットでアウトドア
goodsを検索!



広すぎるのも考え物・・
ですが、あまりにも緑が綺麗で、
色々な花も咲いており、
川なども流れていたりで
景色を楽しんでいると
意外とあっという間です。




園内の中央付近には、
”PARK CAFE” という
レストランもあります。

ガラス張りで、
公園にしては綺麗な
レストランです!

お弁当を持参していなくても、
こちらで食べることができます!

また、所々で ”移動販売車” に
よるお店があったり、
無料休憩所には売店+軽食
メニューがあったりと、
お食事も選択肢が色々と
あるので安心です。




次の目的地
「ぼうけん海の広場」は、
太陽の塔を挟んで
逆側にあるため、
塔の後ろを通ります。

太陽の塔には”3つの顔”があって、
「背中の顔」が過去を、
「お腹の顔」が現在を、
「頂点のピカピカの顔」
が未来を表しているそうです。

それを知ったとき、
感動を覚えました・・・

塔の内部は地球の生命の
進化をたどることが
できるそうで、太陽の塔は
地球の誕生から未来まで
全てを表現しているんですね!




太陽の塔の横に、
ガンダムを並べてほしい・・
と思う人もいるのでは・・・

意味もなく、
自分もそう思ってしまいました。




園内には、
ボート乗り場もあります。

20分で1人いくら・・
とかだったような気がしますが
この季節、結構行列が
できていて、この日は
乗船をあきらめました。




気持ちよさそうです!
写真の手前に移っている
白い小さな船は、
ギネスにも認定されている、
”世界一周をした最小の船”
だそうです。

ピクニックにはぜひ運動靴を!
ABCマートで検索!




本当に小さいです・・・  
これで世界一周とか色々と
大丈夫なの!?って思いますが、
冒険家はそれが
たまらないんでしょうね!




ボート乗り場前あたりが
「ぼうけん海の広場」
という遊具広場になっています。

名前の通り、船や海の生物を
モチーフとした遊具があります。




こちらの広場は、
正面入り口に近く、
無料休憩所にも近いため
結構な混雑ぶりです。

思い切って子供が
遊べないほどの人数でした。



船の形だけでも
カッコいいですが、
長い滑り台や、
高台に登れる橋など、
楽しい内容となっています。

 
隣接する無料休憩所ですが、
席数がかなり少ないものの、
屋根の下にテーブルが
設置されていて、
お食事やデザートを
楽しむことができます!

メニューも充実です!
夏場なんて、 
席の取り合い必死ですね!




さらに、
隣接する ”東の広場”では
この日、「ロハスフェスタ」
なるイベントが開催されていました。

入場料がかかるのですが、
約500店舗くらいの店が
出店されていて、
カレー料理を中心に、
色々なお店がずらりと
並んでいました。



ロハスという名だけあって、
環境に配慮したイベントで
自分たちで食器を
持参して食を楽しむ!

ということだそうです。

このイベントの事を
知らなかったので、
弁当を買ってきたことを
少し後悔しました!

万博公園では、
イベントが結構開催
されていそうなので、
事前にチェックする方が
良さそうです!




公園内の入場ゲートに
1番近い場所に、
もう1つ遊具広場があります。

Amazonプライムでお得な
サービスを!




「やったねの木」
「おもしろ自転車広場」
という名の場所ですが、
ここの遊具が最も充実しています。



巨大ローラー式滑り台が
2基あって、
小さな滑り台も
3~4か所あります。

すごく高さがあり、
子供たちがずらりと
列をつくっています。




滑り台が長いので、
待ち時間もそれなりです。

ここの遊具はちいさい
子供から大きな子供まで
楽しめるので、
ここだけでも十分かもしれません!

「おもしろ自転車広場」
はその名の通り、
面白い形の自転車が
いっぱいあります。

今回は体験しませんでしたが、
子供が大きくなったら
行ってみたいですね!




今回、
万博公園内の施設の
ほとんどをスルーしましたが、
パビリオンの施設跡を
そのまま利用した
 ”万博資料館” や、”日本庭園”、
大自然を楽しめる ”~の丘” 、
 ”~の森” 、 ”~の池、泉” 、
”ちびっこ広場” などなど・・・

施設がまだまだ盛沢山です。

隣にはEXPOシティもあり、
まさに無敵のエリアと
なっています。

駐車場が高くて、
そこが難点ですが
また何回も来たいと思います!






かなりのおすすめ
スポットです!
ぜひ!!


ブログ村に参加しています。
良かったら下を
ポチッとお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

注目の投稿

経験314:ニトリの「レンジ上ラック ワイド」でキッチンが劇的にスッキリ!毎日見惚れてしまいます!

[経験] ブログ村キーワード 最近キッチンの収納グッズ を購入して、思った以上に すっきりして感動したことが ありましたので、紹介します! それは、 ニトリ で購入した 「 レンジ上ラック 」 というものです。 全然珍しくもなんでも無い商品 なのですが、なぜ何...